ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

笑顔

私は笑顔が苦手だ。本当に楽しい時、可笑しい時はモチロン笑う(笑顔になる)。笑顔が苦手と言うより、正確に言うと愛想笑いが苦手だ。

 

「おはようございます。」などの挨拶をする時もきっと真顔で言うことが多いと思う。

 

私が子どもの頃、母親に「○○ちゃん(私)が笑うと歯茎がガバって見えるね」って言われたコトがある。母親にしてみれば何気ない一言だったかもしれないけれど、私はどうやって笑っていいか分からなくなってしまった時期があった。

 

でも、友達のブログに笑顔についての記事が載っていて、「笑顔の素敵な○○ちゃん(私)と言う友達がいて...。」と書いてくれていた。

 

息子が小学校に上がるとき、防災頭巾カバー(兼椅子の背もたれクッション)やレッスンバッグ、シューズバッグなど、すべてスマイル君(ニコニコちゃんマーク)がモチーフの布で作った。

 

それは、笑顔が沢山ある人生を送ってほしいという思いと、笑顔の素敵な人になってもらいたいという私からの無言のメッセージだった。

 

その甲斐あってか、親バカかもしれないけれど、うちの子の笑顔はとってもキラキラしています。

 

笑顔が素敵な人はそれだけで幸運が舞い降りて来ます。

 

どうか、我が子の人生に幸せが多いコトを願います。また、他人にも幸せを与えられる人になってもらいたいと思います。

 

笑顔が苦手でコンプレックスが多い母より。