ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

モッピー!お金がたまるポイントサイト

とある路線バス会社

あるバス会社のバスに乗ろうとした。

私はベンチに座っていて、バスが来たので前の人に続いて乗ろうとした(私を含めて2人)。

私が乗ろうとしたらドアがしまった。危うく手を挟みそうになった。

仕方なく、次のバスに乗った。


その乗車したバスの運転士とのやりとり、

私   「済みません、ちょっといいですか?」

運転士 「うん」

私   「前のバスに乗ろうとしたら、ドアを閉められて乗れなかったんです、危ないですよね。」

運転士 「そう言われても。」

私   「(もう)いいです。」


【そう言われても】と言われた時点で、‘ダメだこりゃ’と思った。あと、【うん】と言う受け答え、この時点で、やばいと思った。


【そう言われても】と言う発言と声のトーン、言い方の中には、「あなたが無理やり乗ろうとしたんじゃないの」、「私がやったんじゃないから知ったこっちゃない」と言う気持ちが見え隠れしていた。


他に選択肢がないから、この会社のバスを利用している。

他にも、チャイムを鳴らしたにもかかわらず、停留所で止まってくれず、途中(かなり危ない場所)で降りて歩いて帰ったこともあったし、大降りの雨の日に初めての場所で、乗り場の番号を休憩中だったのか、外でタバコを吸っている運転士に尋ねたら、「あっちだよ!」と凄い剣幕で言われたこともあった。

忘れていたのに、その時、一気に嫌な思いが込み上げてきた。

息子に愚痴ったら、「どんな答えを期待していたの?そんなコトで頭に来ていたら身がもたないよ。」と私がよく言っている言葉を返されてしまった。

そりゃそうだ。

でも、私があの運転士に言ったコトを笑い話の種にして、上司に報告しなかったり、改めようとしなかったりしたら、その内事故に繋がったりして大変なことになりまっせ。