ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

フラジャイル

私の大好きなドラマ、フラジャイルが終わってしまった..。

ホンマデッカTVの後にやっていた(この番組も好き)。

仕事の時間が不規則(早番・遅番がある)ということもあり、仕事から帰ってテレビを
つけた時にやっている番組を見るくらいでこれを今日は見なきゃという番組はほとんどない。

でも10時からやっていたフラジャイルは、仮に遅番だったとしても残業にならない限り見ることができた。

長瀬智也さん演じる100%の診断にこだわる病理医、岸京一郎が主人公のドラマだ。

私は過去、婦人科系の病気で細胞診断を何回かやっているが、その時は病理医の存在など気にも留めなかった。

医者も人間だから間違えもあると思いたいところだが、「君が医者でいる限り僕の言葉は絶対だ!」と言い放ち100%の診断にこだわる。

自分のやっているコトに自信があり、自分の人生をこの仕事に捧げている。見てて本当に気持がスカッとするドラマだった。

人の命を預かっているわけでもない私の仕事なんてこれに比べたらクソで悩む必要なしとさえ思わせてくれる。

岸京一郎は最初臨床医だったようだが、なぜ病理医になったのかこのドラマの最終回でふれるのかなぁ..と思いきやふれなかった。

漫画を読むとそのことが分かるのかな..?続編を期待しています。