読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

モッピー!お金がたまるポイントサイト

お弁当の日

息子

息子の小学校は基本、給食だったがお弁当の日が何度かあった。息子が小学校2年生のある朝、「今日はお弁当の日だよ」と言った。

私はすっかり忘れていて、おまけに出勤時間も迫っていた。「忘れてた!」と言うと息子が顔を上に向けて「ワァーン」と泣き出した。

私の頭の中では、いじめられたらどうしようという不安が浮かび、つい「学校休む?」と聞いてしまった。そうしたら息子は「やだ!」と言った。

苦肉の策でコンビニでおにぎりを買わせるしかないと思い「お金を渡すから、途中のコンビニでおにぎり買いな。これからの人生もっと色々なコトあるよ。堂々としてなよ!誰かに変なコト言われたら笑い飛ばせ!」と矢継ぎ早に告げると、泣き声で「分かった」と息子が言い、学校に向かった。

仕事を終えて帰ると、息子はいつもと変わらない様子でいた。

「友達、先生に何か言われた?」と聞くと「別に言われないよ.。」と言った。よかった..。

私は、先読みのし過ぎと不安感で息子に大げさに物事を言ってしまっていたのかもしれない。でも、きっと堂々とした態度をとる事で、からかいやいじめを回避できたのだと思う。

堂々とした態度、毅然とした態度、自信は、自分を守る為の盾にもなるのです。

矢継ぎ早に伝えた事は、からかわれやすかった過去の私に、今の私が伝えたかった事なのかもしれない。(過去の私は、からかわれてもやり返していましたが...今でも自己否定型は直りませんが...。)