ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

モッピー!お金がたまるポイントサイト

生きるために生きる人生

この間まで子どもだと思っていた息子。

今は将来大人になるであろう子ども達の為になにができるかを考えている。


大人になりたくないと思っていても、時間がそれを許してくれない。

ずーっとチヤホヤされていた時代に居残りたいと思っても、時間は経過していく。

そう思うと人生なんてあっという間だね。


私はどちらかといえば、生きるために生きてきた、生きるために働いてきた人生だった。生き甲斐にしていた趣味などはあったものの、それは自分が楽しむ為にしていたモノ。人さまの為にしていたモノではない。


ある日、何の為に生きるか、生きているのかという話になった時、私が「自然界に生まれてきたから、生きる為に生きる。生きる事に意味はない。生きる事が目的で生きている。」と言った時、「俺は生きるために生きる人生は歩まないから」と息子が言った。

「生きる為に生きるのが人生なら、生きたいと思う事が本能なら、なんで自殺してしまう人がいるのか」と息子が言った。

「疲弊しすぎて感情のバランスをとる脳内ホルモンが乱れるから。人間の場合、プライドという理性が勝ってしまうから。」と私が返した。

「それもあるかもね。」と息子が言った。

「生き抜く為には、プライドを捨ててホームレスになっても最後まで生き抜けばいいのに。」と私が言うと、

「そういうことが許されないんだよ。このご時世は…。」と息子はいった。

一度、転落するとなかなか這い上がれない、這い上がらせてもらえない時代。

自業自得と言ってしまえばそれまでかもしれない。でも不運に巻き込まれて転がり落ちてしまう人もいる。誰でもそういう可能性は秘めている。

人間が生き抜くということはどういう事なのか、生きる意味とは何なのか、生きることに意味はあるのかないのか、生きることに意味は必要なのか、1人ひとりの中に答えがあり答えがなく、正解があるようで正解はないと思う。


www.haibisukasusan.com