読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ため息をついても幸せは逃げない。

最近、子どものため息をする頻度が増えて心配だ。

学生生活も佳境に入り、研究やらなんやら大変なのと、人間関係の悩みもあるようだ。

人間関係の悩みなんてこの先、生きていれば付きまとうもの…。

自分が正しいと思って生きている人がほとんどで、息子も自分が正しいと思えばそれでいいんじゃないかなぁ…。

自分の正しいに他人をはめ込もうとするのではなく、そういう捉え方をする人もいるんだ位に思えば良いんじゃないかなぁ…。

とは言え、波長が合う合わない、好き嫌いは実際あるもので、その自分の心の声を無視して、人に対して苦手意識を持つということに罪悪感をもってしまうと、自分に縛りを与えることになり知らず知らず苦しむことになる。

自分の事を好きでいてくれる人もいれば嫌っている人もいることだし、自分にも嫌いな人、苦手な人がいるのは仕方のないこと。

そういう感情があると言う事は自然で当たり前の事なんだということを前提に接触すれば、少しは気が晴れるんじゃないかと思う。

ため息することで心がリセットされるのなら、ため息を沢山つけばいいさ。

ため息をついても幸せは逃げないよ。心をリセットしたい時に出るものだから。

それを我慢している方がよっぽど不健康だと思う。

ただ、家族の前ではいいけど、その他の人の前では控えた方がいいと思うけどね。

私は見守るしかない。