ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

モッピー!お金がたまるポイントサイト

年賀状

年賀状、先ほど投函してきました。

今では、年賀状の作成はPCやプリンターがほとんどやってくれます。

私の住所録に載っているのは、ほとんどが個人情報の管理が厳しくなる前の方たちの情報です。新しく知り合った方たちにはメールで新年の挨拶をしたり、それか、なにもしていません。

以前は、職場で住所録を作成し配布していましたが、個人情報保護の観点から今ではやっていません。

なので、年賀状を出す相手は減る一方で、以前よりは年賀状の作成は楽になったはずなのですが、少しの焦りはあるもの、心理の奥底で「PCがあるし…」という安心感があるのか、手書きでは一言メッセージを書くだけなのですが、毎年ギリギリになってしまいます。

 

PCやプリンターが普及していない頃、または、ない頃は自分で住所を書き、絵や文章も考えて書いたり、スタンプを使ったりしていました。とても時間がかかったのを覚えています。

めんどくさいなぁ…と思っていたそんな時代にプリントゴッコという画期的な商品が発売されました。もちろん私も購入して使っていました。版を作ってしまえば後はオリジナル感満載な年賀状が作れるのですが、ずぼらで不器用な私は結局、数回使った後、挫折して印刷屋さんに出すことを選択してしまいました。

その後、各家庭にPC、プリンターが普及し始めました。

 

他の人がPCで印刷した年賀状を送ってくれる中、毎年、プリントゴッコで作成した年賀状を送ってくれる友達がいます。彼女は普段から絵も字も上手な人でした。クリエイティブな彼女らしいデザインと手作りならではインクののりかた、インクの擦れ具合がなんとも言えない趣のある年賀状です。

 

数年前、彼女と他愛もない話をしていた時、「プリントゴッコのインクとか部品、もう取り寄せられないんだって…メーカーが作るのをやめちゃうんだって…」と悲しげな顔をして言いました。もちろん、彼女の家にもPCやプリンターはあります。

でも彼女は、年賀状はプリントゴッコで作ることに決めていたんだと思います。

2016の元旦に貰った年賀状は、まだプリントゴッコで作った物でした。

 

来年の年賀状もプリントゴッコで作った趣のある年賀状だったらいいなぁ…

その後も…

 

 

 

 

プリントゴッコ事業終了について

平成24年12月28日
 

お客様各位

理想科学工業株式会社

当社は、平成24年12月28日をもちましてプリントゴッコ事業を終了いたしました。
プリントゴッコは、創業者 羽山昇が「すべての家庭で親子一緒に印刷ゴッコを楽しんでほしい」、「家庭における『ごっこ』遊びこそが知育の源泉である」との思いから開発し、自らが命名しました。昭和52年(1977年)に発売され、以来35年間にわたり多くのお客様に年賀状印刷や布印刷などで広くご愛用いただきました。
皆様の長年にわたるご愛顧に心より感謝申し上げます。

 ※理想科学工業株式会社御中のHPから引用しました。