ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

モッピー!お金がたまるポイントサイト ワラウ - 遊べるポイントサイト

父の綺麗ごと抜きの現実的で冷ややかなアドバイス

父は、私が父に相談に乗ってもらったり、父と会話する時など、あまり綺麗ごとをいう人ではなかった。時にはバッサリ切られてシュンとしたこともある。もっと気の利いた(私が潜在的に望んでいた)答えはないの?と思ったこともあった。

でも、私が年を重ねるにつれ、気持ちの上でピンチになった時に、その父の冷ややかで現実的な言葉は効力を発揮する(おおげさ?)。

その中で一番心に残っているのは

「大人になってもいじめなんてあるよ。」

 「自分より(教えてくれる人)上手くなったらもう教えてもくれないし、誘ってもくれないよ。人間なんて優越感に浸りたい生き物だからね。」

という言葉。

人間関係、特に仕事の人間関係で悩んでいた時、サラリーマンだった父に相談した時の言葉。

でも、他人を思いやるのが人間。優しいのが人間だと思いたいし、思いたい時がある。

でも、先日この父の言葉を思い出させるような事がおこった。

「人間なんてそんなもん。」とあまりストレスをためる事がなく割り切って乗り切ることが出来た。

人間を理性的なものと美化したく思う時と、人間の本能的習性だからそうなんだと思う時は誰にでもあると思う。

人間は理性と本能を併せ持つ生き物で、自分に不利益、危機が生じそうになると本能の方が上回るということを頭の片隅に入れて置くと、ストレスがたまりづらくなるかもしれない。