ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

どうせ会社の金なんだしと考えている人がそれなりの地位に就いてはいけない。

新入社員が来た時の話。

まだ初々しさ満載、目がキラキラしていて素晴らしい笑顔の新人君達。

そんな社会人、企業人ど初心者、ど素人の新入社員に、トントン拍子で昇進した若い上長のびっくり発言に度肝を抜かれた。

いい事も言っていた。きれいごとでない正直な発言もしていた。

新入社員は聞きいっていた。

私は、その配属に当たってのいわゆる上長のお言葉のあとに新入社員に基本的なことを教えるトレーナーとしてその部屋の片隅で待機していた。

でも最後の方に耳を疑うような言葉が出た。

私が勤務している会社では利益が出ないことが課題となっていて、経費削減などを意識して一生懸命利益をだそうと頑張っている人がいる中、

「どうせ会社の金なんだし、失敗してもいいからいろいろ挑戦してみてください。」

と言ったのだ。

「失敗をしてもいいから」と「いろいろ挑戦してみてください」はもちろんOK。

問題は「どうせ会社の金なんだし」という言葉。

せめて、「僕が責任をとるから失敗してもいいから…」と言って欲しかった。

(責任者というだけでそれなりの報酬は貰うがそれに値しない人、それを仕事だと思っていない人がいるのも事実)

会社のモノ(経費)を持ちだして私物化したりするともちろん何らかのペナルティーがあると思う。それは目に見えるからペナルティーを課せらる。

でも、意識は目に見えないからペナルティーを与えることも出来ない。だって、誰も気が付かないから。(気付かれづらいの方が的確かも…)

残業代も経費になる(人件費)から、効率よく仕事をしたり無駄な仕事をなくしたりしている人もいる中(もちろん無賃残業はNG)、ゴミの分別を意識している人がいる中(リサイクルゴミはお金が戻ってくる。それ以外はお金がかかる)、コピー用紙の無駄をなくそうとしている人がいる中(両面コピー、両面プリント)、その言葉はそういう努力をしている人の行動や意識が水の泡ってことを予感させる言葉だった。

それを新入社員に言うなよって感じだった。新入社員はそれぞれどう捉えたかは分からない。少しでもえっ!?と思ってくれていたらと願うばかり。

 

その人には、その事を機に新しい提案、相談などはできなくなってしまった。 

 

心とは裏腹に、会社の事を考えていますよアピールをしてうまくすり抜けて幹部になった人もいると思う。そいう人が幹部に多いからそういう人が出世するのか。そういう人が多いから利益が出ないのか。はたまた…

それは…

 

※その上長もかつては新入社員だったはず。出世ということに重点を置き過ぎてしまったんでしょうか。それともその地位になることを前々から約束されていたんでしょうか。もちろんトントン拍子で出世した方の中には自分、家庭、会社のことを考えている素晴らしい方も大勢いらっしゃいます。

 

www.haibisukasusan.com

 

www.haibisukasusan.com

 

 

 

www.haibisukasusan.com

 

 

www.haibisukasusan.com

 

 

 

www.haibisukasusan.com

 

 

www.haibisukasusan.com

 

 

www.haibisukasusan.com