ハイビスカスのいい加減は良い加減Log

呟き以上日記未満、書きたくなったら出没します。感情、出来事、頭に浮かんだこと、私の人生模様の記録です。    

モッピー!お金がたまるポイントサイト ワラウ - 遊べるポイントサイト

自分の人生を自分の生命時間と捉える。

自分に対する理不尽なこと、意地悪、悪口、反発、マウンティング..
不快な感情に支配されている時間がもったいない。
惨め節を言っている時間がもったいない。
復讐策を考えている時間と脳疲労がもったいない。
あんな人の言動で脳が、時間が、支配されることがもったいない。
 
以前私は、そんなネガティブなことに振り回されるばかりの自分の生命時間の使い方をしていた時期があった。
 
あることがきっかけで、『人生』という言葉を自分の限られた大切な『生命時間』だと捉えるようになってから、気にしいの性格は、復讐心の強い性格は、自分で自分の生命時間の無駄使いをしているということに気付かされた。
 
嫌な感情が芽生えた時、「生命時間がもったいない」と心で唱え、少しだけ負の感情を味わったあと「はい!次!」とその場面をばっさり切る。そして新しい思考、行動に切り替える。
 
私の事を良く思っていない人に認めて貰わなくてもいいし、認めて貰う努力なんてしない。私は私として最後まで生きていくし、私は私で培ってきた今に自信がある。
 
 
残された生命時間はどれくらいあるのかしらないけれど、優先順位は自分と家族の為に自分の生命時間を使う。
 
親の方が先に死ぬのか、子どもの方が先に死ぬのか、いつ死ぬのかなんて誰にも分からない。
だからって、それに怯えていたって、時はどんどん流れて行くし、生命時間はどんどん削られて行く。
 
 
この家族ともあと何年いられるのか分からない。
 
この家族を楽しむ為に、自分を楽しむ為に、私は自分の生命時間を使って行く。
 
だから、私に負の感情を芽生えさせる人が私の生命時間に入り込んで来たとしても、ばっさり内心では切り捨てる。
 
人それぞれに正解が違うし、自分の正解を押しつける気もないし、他人の正解に染まる気もない。
 
一見冷たいようなこのスタンスをとるようになってから、平常心が保てるようになったし、毅然とした態度でいられるようになって、人間関係の悩みも薄れてきた。
 
結局、人それぞれが自分の生命時間をその人なりに生きればいいんだと思うし、人は人、というスタンスは一見、突き放しているように見えるけれど、個々を認めていることにもなるんだと思う。